WILD CATS BLOG

RMU長崎リーグ 後期最終節

後期リーグ戦 最終節四節に首位に立った釜本選手+142・1、それを追う奥村選手+106・4、前節、三勝してリーグ制覇に燃える、井選手+80・8、四回戦目で女流川端選手を僅差で交わし連覇を狙う岩村選手+76・5の四名でリーグ制覇を懸けて半荘四回戦を行いました。

奥村選手は26才、試合経験が浅く前節は序盤に大量失点と出遅れ、13位に終わり悔しい思いをしました。それから、一生懸命、麻雀の勉強をして今ではリーグ優勝に手の届く所まで来ました。 (^O^)

釜本選手は32才、私が10年間、教え続けて、もうベテランの域です。

井選手は近年ではRMUクラウン、ベスト16、たくさんの優勝経験を持ち「プロでよし」とRMU代表、多井隆晴プロが太鼓判を押すほどの打ち手、

岩村選手はRMUクラウンベスト8、前期リーグ優勝、ウィンターカップ優勝等、大舞台に強く「既にプロリーグ入りは確実」トップとは差があるものの二人の追い上げにはかなりの期待がもて、見る側にとっては楽しみな一戦に成る事、請け合いです。 (*^o^*)

一回戦目は様子見の静かな戦いに終始し、岩村選手が競り勝ちトップ、首位の釜本選手をラスにしたものの実質▲19・3は3着のポイント、岩村、井選手は不本意、奥村、釜本選手は「一戦、無事消化」まずまずのスタートと思ったのではないですかね!

二回戦は東場に親の奥村選手が効果的に和がりを重ねトップ、釜本選手二着、追う二人はかなり苦しく成っていきました。

三回戦は釜本選手の親番で奥村選手がドラの③単騎待ちで大三元をツモ和がり、トップ (^^)v これで二位の釜本選手に50ポイント以上の差を付けて奥村選手は四回戦に進む事になりました。

しかし、競技経験の少ない奥村選手は放銃で真っ白に成り、追う釜本選手に「打つは打つは」で貯金を使い果たし、最終局には跳ねツモ条件まで転落し、粘るラス親、井選手を交わし見事、釜本選手がリーグ優勝を成し遂げたのでした。

岩村・井選手に次いで釜本選手もRMUのプロとして多井代表に認められる事に成り、プロリーグが実現できる所まで来ました。奥村選手はワイルドキャッツ、オープン当初から二年半、麻雀一筋に勉強し、めきめきと腕を上げ、そう遠くない将来、プロになり、堂々とタイトル戦で名勝負を見せてくれる逸材です。この一戦のことを忘れず、精進してこの結果を後輩に語り継げるような打ち手に成ってほしいと強く思います。若い時は負けて、負けて、強く成るものです。訳のわからない内にタイトルを取り、「自分は強い」と勘違いし、トレーニングを怠り、消えて行く打ち手(若手プロ)が大多数です。奥村選手にはそんな選手のひとりに成らないように頑張ってほしいと思います。

 2009年度後期優勝! 釜本健太選手

 準優勝 奥村勇紀選手 3位 平田勝則選手 4位 井克史選手

2010年度は五月よりスタートします。
一年間での麻雀のスキルアップは確実です。プロを目指す方、ライバルを「あっ 」と驚かせたい方、是非、参加して下さい。 東京より多井隆晴代表、自ら来崎し、丁寧に指導致します。お問い合わせ 09019759181 RMU岡澤まで宜しくお願いします。

 2009年度後期全成績

コメントを投稿する

お名前

ホームページ

コメント

トラックバック

カテゴリー

アーカイブ

リンク