WILD CATS BLOG

RMU長崎 GⅢイースタン 決勝観戦記 その1

例年よりも更に豪華な顔ぶれとなったRMU長崎GⅢイースタンの栄えある決勝進出者は

ポイント上位より(カッコ内は準決勝までの総合ポイント)

竜王丸選手(+112.7)
現在最も勢いのある選手の1人であり若手では実力No1と言っても過言ではない。
リーグ戦においてもR1昇格を視界にとらえており、公式戦悲願の初タイトル獲得に向けて盤石か。
しかし、気になるのはGⅡソルリアスの時と似た様な展開。。。
多々羅選手(+72.4)
競技歴も長く福岡県在住であるが、麻将連合μの公式戦へよく参加されており、
近年はRMU長崎の公式戦にも参加していただいている。まさに“東へ西へ”だ。
城島プロ(+63.0)
言わずと知れた麻将連合のプロ。
私自身はこの夏三度(雀ケン最強戦、博多山笠杯、今大会)も対戦させていただきいい経験となった。
並びは意識しないといけないが優勝も十分狙える位置につけている。
伊井プロ(+31.0)
RMU長崎プロの最後の砦となった。
ポイント的に優勝は厳しいが優勝の可能性がなくなっても普通に1着を狙いにくると思われる。

並びは、伊井-竜王丸-多々羅-城島 (右奥から)

東1局 ドラ:7 東家:伊井  8巡目
二三四五六②③④⑨⑨236  自摸:1
ここで聴牌の伊井の手が止まる。。。
三色の可能性を考えリーチするかどうかで止まっている様だが
三色になる為には①または4を自摸っても三面張のマチで高目安目があるので
Aルールで東家ということを考えれば平和だけではあるがリーチというのが
マジョリティではないだろうか。
結局はリーチ宣言するのだが同巡 北家:城島
配牌が  一四五七九⑦58東北北白中  から萬子に寄せきり
一一四五五七七八九九東北北  自摸:八  で聴牌。
四か東か?難しい判断ではあるが、打:四で一発放銃。

伊井の聴牌形を見てリーチ宣言までに間があったのを意外に思ったかもしれない。

東1局 1本場は伊井と多々羅の聴牌

東1局 2本場 ドラ:⑥  南家:竜王丸

④⑤⑥⑦⑦11223356  ロン:4
マチ牌である4-7は全体河に三枚出ているだけだが、城島が萬子一色及び東家 伊井の捨牌、
そしてトータルポイント首位ということからダマを選択。

西家:多々羅 14巡目

三三六八②③④⑦⑧⑨446
聴牌している竜王丸からドラ:⑥が捨てられるとチー。
⑨は切ることが出来ない為、場に一枚切れの4で放銃となるわけだが
竜王丸がドラ⑥を切るということは出上がりがきくヤミ聴が入っていると考えていいのではないだろうか?
多々羅としてはアガる為の仕掛けではあるが、下家 城島が萬子の一色に寄せているとはいえ
竜王丸の現物である六、八を切っていいのではと思う。
決勝のこの1戦、城島は放銃とノー聴で22700点となっておりこの局、城島がアガることより
竜王丸にアガられることのほうが展開的に厳しいのでは?
仮に城島に副露されて手出しで萬子が切られた後に竜王丸が萬子を掴んだら
竜王丸はほぼオリを選択するだろう。
北家:城島 最終的には以下となっていた
二二四四四五五七北北北発発

一方、東家:伊井  14巡目 カン8を自摸って聴牌

四五①②③22456789
全体河には六が二枚出ているだけだが聴牌した巡目及び城島が萬子の一色に向かっているせいかリーチせず。
伊井がもし優勝を考えているなら東場のオヤでひたすら連荘するしかなく
巡目、状況は関係なくリーチすべきではないだろうか?
たらればであるが、14巡目ということは。。。
聴牌している竜王丸がドラ⑥を自摸切った巡目。
伊井がリーチしていればいくら聴牌しているとはいえ、竜王丸が無スジのドラを切ることもなく
多々羅が副露することこともなかったのでまた違う展開になっていた。

東2局 1本場 ドラ:七 南家:多々羅

二三四③④⑤⑧⑧33445
自摸:五で三色確定、自摸:②で三色確定ではないが安目でも一盃口となる為
手変わりを待ってダマ。結局、5を自摸って1300-2600となるわけだが
この形でAルールならリーチをかけて竜王丸にプレッシャーをかけ
自摸ってオヤっかぶりさせたいと思うのだが、普段、麻将連合の競技会に参加している
多々羅らしい選択だと思う。
東家:竜王丸 配牌が
一三六七八八九②②⑦⑨566  第一打が6
この瞬間はロスが少ない打牌選択かもしれないが、7自摸ったら痛すぎる。
残りがカン張だらけの愚形が残ることを考えればこの6は早くないだろうか?
結果はあっさり3巡目に7自摸。結果論の一言で片付けていいだろうか?

東3局 南家:城島 ドラ:四 5巡目リーチ

二三四八八九九九11234
14巡目 西家:伊井が途中、間4ケンの⑤も切って追いつきリーチ
四五六七七七八九12356
裏ドラはのらなかったが3900点のアガリ。
途中八が出ていきそうな形になりそうだったが、自摸がかみあって放銃回避。

東4局 南家:伊井 ドラ:七  伊井の配牌が凄い。

七八⑤⑥⑦235789南南  2巡目にあっさり4自摸ってリーチ。

東家:城島  配牌が以下

一五八九九①②478発発中中
伊井のリーチを受けても無スジを切り飛ばしていく。
最終的に索子の一色形に寄せていくわけだが、絶好の5を自摸ったところで
対子だった九を切り放銃。
東場だけで城島の一色を何回見ただろう?
一発裏ドラがない自団体のルールのなかで二翻役というのを意識しており

それがここでも出てきているのではないだろうか?

東場が終わった。
準決勝まで卓内4位だった伊井がトップ、竜王丸は3着とはいえ多々羅とは2200点差の3位。
展開的にもいい、竜王丸がこのまま逃げ切り戴冠となるのか?
残すは南場のみ。
文責:岩村義久プロ

RMUクラウン完

岩村選手がトータル1Pリードで迎えた三回戦、最終局、親番は古久根プロ、ど
ちらか和がるか、テンパイ、ノーテンで決勝進出、
ここで終盤、チーテンを入れた古久根プロ、
二つの二面が埋まらず手牌を伏せなくてはならない岩村選手、悲情である。
応援者にとっても選手にとっても辛い瞬間である。
しかし、このような悔しく、辛い経験を積んで真の強者として成長していくので
す。
岩村選手とは10年程前にMuの道場で知り合いました。
サウスポーで場内に響き渡る発声が印象的でした。
私も発声が小さい為、注意を受けた事を記憶しています。話をしてみますと道場
では若手の育成に力を入れ、賭け麻雀は一切打らず、競技に頑張ってこられたと
の事でした。
岩村選手には大舞台での経験を生かしてタイトルを目指してほしい打ち手のひと
りであります。
皆さんも長崎代表になり東へ東へ全国制覇を目指して頑張りましょう。
24日に決勝が行われ古久根プロが優勝しました。
次回は2月21日 開催のウェスタンカップを予定しています。 岡澤和洋

RMUクラウン⑤

1月11日 、新宿駅まで歩いて行く途中、振り袖姿、ぎこちない草履、ネクタイ
姿の多くの男女とすれ違いました。目指すは神楽坂「バカンス」。自身、牌を触
れないのは少し残念ですが岩村選手の応援と今後の課題を見つけ、遠征を実りある物にしたいと思います。
ベスト16トーナメントがスタートしました。 阿部孝則プロ、谷井茂文プロと手
ごわい(≧ω≦)
しかし岩村選手は1・2回戦終了時にはベスト8進出をほぼ確定していました。
(^O^)/
ベスト8は古久根、藤中、仲川プロと岩村選手 ここまで勝ち進んで来ただけあっ
て豪華メンバー。
どんな麻雀を魅せてくれるかワクワクします。
岩村選手も快調で藤中プロと1・3、1・3と決勝進出まであと一歩
藤中プロはほぼ確定 。
三着目から岩村選手を追うのは古久根プロ、縺れる予感がします。
実は今大会、岩村選手は放銃ゼロで勝ち進んで来たのです。
ところが二戦目、藤中プロの仕掛けに飛び込み12000点、初放銃である。
(>_<)

RMUクラウン④

最後の砦、岩村選手は1・1・2・1着と孤軍奮闘、トーナメント進出を決めま
した。
私達の早々の戦線離脱でかなりのプレッシャーを感じたはずですが、ものの見事
に跳ね返し勝ち進みました。
トーナメントでは土田プロとワンツーフィニッシュ、ベスト16へ駒を進めまし
た。
私達も明日の応援と麻雀の勉強ができる事を喜び、会場を後にしたのでした。
(^O^)/
多井・阿部・藤中プロと居酒屋で懇親会を行い、ここでの談笑が最高の勉強に成
るんですよ!負けた選手も勝ち進んだ選手も思い思いの意見を交わしながら、最
後にトッププロ達の意見を聞き、それを糧にして麻雀の奥深さ、醍醐味を改めて
知る事に成るのです。
そして麻雀にのめり込んで行くのです。
o(^-^)o (*^o^*)私もそうでした。

RMUクラウン③

1月10日 日曜日 銀座柳本店で当日入りの岩村・浜崎の両選手と合流、11時
30分に一回戦がスタートしました。
四回戦、総当たりの上位24名がトーナメント進出となります。
「お願いします」の挨拶をして、対局開始早々のリーチ、一発ツモ、8000・16000
、ガビーン(>_<)ガックシ
しかし、始まったばかりで逆に良かったと、気を取り直して対局するも一度も
和がれず、ラススタート、二回戦、初和がりは7700、「よし、行ける」
o(^-^)o
しかし、女流選手に3000・6000ツモ、南入親番で連荘され敗色濃厚、オールラス
ト競り負け三着で終了(^^;
私のクラウンも終了しました。
浜崎、桐谷選手は四回戦に望みを残し懸命にトップを目指して頑張ったのですが
力及ばず敗退しました。
平木選手に至っては三戦で一度も和がれず放心状態、翌日、「パチンコ哲也」で23
本場の大連荘、アホカ~(`□´)┘

RMUクラウン②

1月9日 土曜日、前泊チームの平木、桐谷、教育リーグNO2の道下と新宿に到着
道下は点数計算が少し苦手ですが
土田浩翔プロを彷彿させる、高打点のロマン派です。
大会では国士無双を放銃直後、国士無双を和がり返すというパワフルな打ち手で
す。
しかし、教育リーグの中に「自分より少し強い」と認めている打ち手が一人いて
自らNO2を名乗っているそうです。
o(^-^)o
だれですかね~(笑)
 ロマン派 道下選手
昨年、東京に転勤した小石良介さん
就職して茨城在住の村本裕紀さんと新宿で待ち合わせ皆で最高位戦、新津さんの
お店「くさんちっぺ」で一杯飲ることになりました。次から次へと質問攻めに合
い延々5時間、ハイボールで喉の渇きを潤しながら答えていました。
麻雀を熱く語る二人の姿を見てホッとしました。また、会う事を約束してホテル
に帰りました。「くさんちっぺ」どんな意味ですかね!
(^O^)/

RMUクラウン①

RMUクラウン 

1月10日 日曜日 銀座柳本店で開催されました。 長崎予選で優勝した桐谷泰行選手、競技歴は浅いが参加する大会は常に上位に食い込み、昨年、転覆杯に続き予選を見事優勝で飾り初のタイトル戦参加の切符を手にしたのでした。

 桐谷泰行選手

推薦枠で出場の平木常正選手は度々、私のブログにも登場するRMU長崎の事務局長で東京大学を卒業、「じゃけんの~」でお馴染みの仁義無き戦いを思わせる 行け行け打法の広島出身。 平木常正選手

9月にリーグ優勝を果たし早々にクラウン本戦出場を決めた 岩村義久。 岩村義久選手

2009年、最強戦・王位戦・RMUクラウンと東京本戦連続出場を成し遂げた、絶好調男-浜崎悠。

 浜崎悠選手

そして長崎軍団を率い、去年のリベンジをひそかに誓う岡澤和洋の五人で本丸へ乗り込んでいきました。

 岡澤和洋プロ

去年は岡村清志・井克史のベスト16進出の活躍で長崎のレベルの高さを見せ付ける事が出来ました。

王座戦 自戦記⑭

皆さんは古久根プロが切ったドラをポンしてカリテン単騎にとりあえず受け
ますか?
その選択肢も過ぎりましたが佐久間プロからが出るまでは待ちも残ってい
るので嵌のままにしておいたのですが
打点も半分に減り、勿体ないと思われる打ち手も沢山いる、と思いますがどうで
しょう。この辺りが麻雀の難しい所で結果だけでは語れ無い部分だと思います。
勝負を賭けた一局に敗れ、点差は広がる一方、最終局には10100差、
(・_・、)
ハネツモ条件、チートイドラ2、メンホンを祈りながら取牌する。それを目指し
局を進めるも、7順目 アッサリ古久根プロよりツモの声、その瞬間
〔RMU岡澤和洋〕の名札を卓上に置く事に成りました。
古久根プロ、藤中プロがベスト8に進出、
古久根プロは5順目、国士無双13面待ちに放銃、そこで敗退、藤中プロは決勝
に進み、見事 第33代王座の栄冠に輝いたのでした。 次回、1月のRMUクラ
ウンに再び挑戦します。
結果を楽しみにして下さい。
終

王座戦 自戦記⑬

その後、一度も和がれず後退、▲7Pで二回戦終了、佐久間プロはベスト8進出をほぼ確定し、古久根プロと私が15P差で三回戦を迎える事になりました。東家岡澤、南家柴原プロ、西家古久根プロ、北家佐久間プロの並びでスタート、東3局ドラ

   ポン

 

古久根プロも親番で万子のホンイツ(ドラ含み)でお互い一歩も引かない状態、 運良く古久根プロの河にが捨てられ8000直、逆転に成功 o(^-^)o 南1局親番ドラ 古久根プロより6順目ドラの切りリーチ

 

の形 7順目私は ツモ    テンパイが入り前局の勢いを感じ、切りの 追っかけリーチを打ち、(ここで決着)の思いを込め千点を卓上に置きました。 佐久間プロが二人の安全牌を河に置いた時、待ちの私が有利、早くツモれ と願いを込め一打一打に力が入りました。 ところがツモった牌は 古久根プロに3900プラスリーチ棒を献上(>_<)

王座戦 自戦記⑫

です。

古久根プロの親番でをポンされたくない。 タンヤオに移行できる。 半荘三回戦の一回戦目、じっくり腰を落として行きたい。南が枯れてからでは収 拾がきかない。これらの理由です。 9順目に東を重ね10順目にをアンコにしてテンパイを入れます。11順目に 柴原プロからリーチがかかり、ションパイのは期待が薄い、万子が安いので を便りに追っかけました。 15順目にツモで2000・4000を和がり好スタート を切る事ができました。  ツモ その後、小刻みに加点してプラス13Pで一回戦を終了(^O^)/ 二回戦 東家柴原プロ、南家佐久間プロ、西家古久根プロ、またまた、北家岡澤の並びで スタート 6順目、佐久間プロからツモ切りリーチ

捨牌、でリーチ 次順、古久根プロからリーチ

捨牌、でリーチ 私は手が詰まり、打 その瞬間、佐久間プロよりロン、倒牌、8000の声、ガビ~ン(>_<)

東2局西家で8000放銃直後、それでもまだ、二番手です。私の牌姿は4順目

ドラ

をツモればタンピン三色に変わり理想的で
す。しかしダイレクトにをツモり、ツモ400・700と倒牌しました。まだ、先の
長い局面ですが皆さんは打としてフリテンに受けて勝負にでますか?
(ノ><)ノ

カテゴリー

アーカイブ

リンク