WILD CATS BLOG

RMU長崎サマーカップ速報

7/26日(日)RMU長崎サマーカップが開催され、準決勝までが行われました!

激戦を勝ち上がり堂々の決勝進出を果たしたのは、4月のグラチャン決定戦で3位入賞の浜口、同じくグラチャン4位の今田、RMUプレリーグ優勝の川端、ノーシードで決勝まで勝ち残った浜崎の四名です!

 今田   浜口 川端   浜崎

 

栄光の第1回サマーカップ優勝のトロフィーは誰の手に!!?

注目の決勝は8/9(日)AM10:00対局開始の半荘5回戦!  ワイルドキャッツ3Fにて。観戦自由です!

RMU長崎リーグ 第三節結果

7月12日(日)、RMU長崎リーグは3節を終え、1位 平田勝則、2位 平木常正、3位 今田裕一、4位は近況安定した成績を残す女流の堺ちひろ。

4節は8月9日(日)、1位~10位までの選手が奇数と偶数に分かれて第5節の4名に生き残りをかけて上位と直接対決する大事な戦いになります。

最終節の9月6日(日)は、RMUライセンスSの多井隆晴プロをお招きしてファクトリーを開催します。 ファクトリーの参加は自由です。

ワイルドキャッツ3F 11:30受付開始 参加費2,000円

トッププロの戦術を解りやすく解説していただきます。

第3節までの結果はこちら↓

RMU長崎サマーカップ シード選手紹介①

RMUサマーカップは、「東へ西へ」のタイトル戦から引き継がれて、今年で8回目を迎えます。

優勝賞金もビッグで、RMUライセンスSの河野高志プロを招待して7月26日(日)に開催されます。  予選参加選手が30名で、トーナメント進出が予選3回戦の上位10名です。

シード選手は、今年2月より大会・イベントでの優秀な戦績を収められた20名が選出されました。

2月に開催されたグラチャンのタイトルを奪取した岩村義久。  決勝進出の今田裕一、浜口裕昭、西山友二。  3月に開催されたRMU長崎プレリーグで決勝進出の堺ちひろ、川端由紀、平木常正、井克史。  5月のワイルドキャッツ最多勝イベントで上位の平田勝則、新井英明、千馬和弓、池田拓也、小石良介、釜本健太。  6月に私も参加しましたが、無念の予選落ち・転覆杯決勝進出のやーぼう、たんちん、あきぽん、ふうかパパ。変な選手名の人たちが各地から集まり、ワイルドキャッツで熱戦を繰り広げました。

以上18名が、ベスト28トーナメントからの出場となります。

RMU長崎サマーカップ シード選手紹介②

RMUライセンスSの河野高志プロ、前年度覇者の岡澤和洋がベスト16からの参戦になります。

河野プロと初めて会ったのは10年程前両国で開催された最強戦でした。  私も久々の全国大会で、いつもより早めに会場入りして1回戦の卓へ着くと、同時刻に安藤満プロが対面に着席し、その頃プロ入りしたての初音プロ・滝沢プロら若手プロが続々と挨拶に来たことを覚えています。  一般参加者は同席者の私をカメラマンにしたてて、次から次へと列をなしてカメラを手渡すのでした。 「この人と1回戦か」と思うと気が重くなりました。 1時間もたつと最後尾の人を写し終わり着席すると大きな声で「おはようございます!」と着席し、矢継ぎ早にこの間のリーグ戦の時の麻雀の意見を、牌姿を辿りながら熱心に安藤プロに尋ねる姿を見て、この人は必ずタイトルを取る人だと思いました。 その時初めて河野プロに出会ったのでありました。

そのあとは皆さんご存知のとおり、十段位三連覇という輝かしい実績を残して現在RMUライセンスSで活躍されています。

RMU長崎サマーカップ シード選手紹介③

私の最強戦1回戦は安藤プロの亜空間に見事にはまり、2,000点差を逃げ切られてしまいました。 私の思い出の一局になりました。

河野プロと2回目に会ったのは、天王戦ベスト16のテレビ対局でした。 灘プロ、土田プロ、河野プロと私でした。 運良く岡澤・土田で準決勝も勝ちあがりそのまま二人は決勝進出しました。  またもや立ちはだかるのは安藤プロ(マンガにもなった)。  見事にまた亜空間にはまり、優勝されてしまいました。  河野プロと再会するわけですが、私は必ず亜空間にはまり敗退していく思い出しかありません。  今度私に亜空間をしかけるのはどの選手でしょうか? 不安と期待でいっぱいです。 RMU長崎サマーカップを楽しみにしています。

河野プロはベスト16トーナメント 26日16:00に対局開始予定です。(ワイルドキャッツ3F) トッププロの技を見学に来てください。 観戦は自由です。

予選参加は残り2名になりました。 参加希望の方はワイルドキャッツにお電話ください!

カテゴリー

アーカイブ

リンク