WILD CATS BLOG

RMU長崎MVP

 

2010年度、RMUアワード最優秀選手は白石晃一選手に決定しました。
対局数63半荘
最多勝24勝、平均順位2・17位、総得失点+509点
素晴らしい戦績(三冠王)で最優秀選手に輝きました。

白石選手は「東へ西へ」の時から幹事長として会の運営に従事し、現在もRMU
長崎を平木事務局長と二人三脚で支えて頂いています。
毎回、一時間以上も早く会場入りし設営、受付の準備をして完了後に自身の対局
に集中する訳ですから
今回の成績は最優秀選手の表彰に値する立派なものだと考え、決定致しました。
来期からライセンスBのプロとして戦うことが決まっています。
これからも麻雀に精進し「タイトル奪取」出来るようなプロになってほしいと思
います。
RMU長崎 岡澤和洋

GW特別企画2☆ キャッツ2枚&裏キャッツオールマイティ☆

またまた来ましたキャッツ2枚入り&裏キャッツオールマイティ!

GWはキャッツ牌をガンガンツモりまくろう☆☆

GW特別企画1☆ ボールくじ引き☆

わいるどきゃっつ新企画!

ボールくじ引きが始まります○●○●○

5ゲームする毎に1回のくじ引きでポイントゲット!!

獲得できるポイントは

10ゲーム、15ゲーム、20ゲーム・・・・と徐々に増えていきます。

さらに!! 10ゲームと20ゲームにはポイント大量獲得チャンスの「レアボール」入りくじ引きです!!

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしています。

ポイントレース開催★ 4/15(金)~24(日)

みなさんお待たせしました!

今までワイルドキャッツで行ってきた数々のイベントの中でも、

もっとも人気の高かったと言っても過言ではない、

ポイントレースのイベントが始まります。

勝者にはOOが!

ルールは至って簡単!!

期間内に少しでも多くのポイントを獲得した方が優勝!

 

ここだけの話、朝のサービスタイムなどがポイント大量獲得のチャンス!

ポイント2倍のサービスタイムで稼ぎまくれ!!

RMU長崎麻雀選手権「あじさい記念」 決勝戦

RMU長崎麻雀選手権「あじさい記念」決勝戦
2009年1月、第二回RMUクラウンの前夜、築地市場内の居酒屋で室生述成
プロ、三宅浩一プロと酒を酌み交わした際に「長崎の麻雀の発展の為にプロの団
体を造りませんか」と声を掛けて頂いたのがきっかけでした。
2月~4月でプレ大会を開催、RMUの理念、Aルール、システム、マナー(作
法)を理解して頂き、会員を募り5月に一年目をスタートする事を目標に掲げま
した。

さて、決勝戦1回戦は筆者の東家・桐谷泰行選手・多井隆晴プロ・阿部孝則プロ
の列びでスタートしました。

 左から阿部プロ、桐谷選手、多井プロ、岡澤プロ

私はドラ2を抱えたイーシャンテン、国士無双の多井プロが放ったドラをポン数
順後、1をツモ切り多井プロからロンの声に会場(ざわざわ)、私も「シマッタ
」と思いましたが時既に遅し、32000を支払い、ぶち壊しにした決勝戦の責任をひ
しひしと感じていました。私は常日頃「このような状態(劣勢)の時程、冷静に
対応してこそ真のプロだ」と思っています。
その後は二着争いに焦点が絞られ、オーラス桐谷選手が2000・4000ツモ二着で終
了しました。
今大会で桐谷選手は終盤に条件を満たす手を作り事々くクリアーし、勝ち上がっ
てきました。「強く成ったな~」と感心させられます。

2回戦はまたまた、決勝戦ぶち壊しの私がトップ、多井プロ+68ポイント、3名
が-20ポイントで多井プロ楽勝ムードでギャラリーの楽しみを奪いました。

3回戦は東1局、二度のチートイをミスった私がトイトイをテンパイ、阿部プロ
のリーチに飛び込み8000放銃スタート、東2局、多井プロのリーチに阿部プ
ロが追っ掛け12000をジカドリするも、まだまだ余裕がある。しかも南2局
北家の多井プロがリーチ、即ツモ、3000・6000で二着浮上し
多井プロの精神力の強さ、技術力の高さを肌で感じた瞬間でした。
ラス前、連荘の期待を胸に最後の親番を迎えるも阿部プロからリーチ、そしてツ
モのコール、観戦者から三度目の(ざわざわ)なんと四暗刻ツモ、素晴らしかっ
た。そして卓上が慌ただしくなった。遂に6ポイント差まで多井プロに詰め寄る

ラス親の阿部プロが「サイコロを振る」「配牌を取る」観戦者は固唾を呑んで模
打に見入る。これぞハイレベルな麻雀、これぞタイトル戦に相応しいクライマッ
クス
このシーンを想像しながら「あじさい記念」を企画しました!

 ギャラリー、採譜者も固唾を飲む

 まず、多井プロが6チー、続いて阿部プロが③ポン両者一歩も譲らず終盤へ、阿
部プロがそっと河に置いた三に多井プロがロン1000と同時に勝者への拍手が
起こりました。
負けはしましたがこの塲で対局した事を誇りに思います。
多井プロは日本オープンに続き連続優勝
おめでとうございます。また、最後まで盛り上げてくれた阿部プロにも感謝の気
持ちでいっぱいです。

 多井プロ、逃げ切り!

優勝)多井隆晴プロ、準優勝)阿部孝則プロ、三位)桐谷泰行選手、四位)岡澤
和洋プロ
2日間、運営に汗を流してくれた白石晃一選手
有り難うございました。

 優勝 多井隆晴プロ

 

 準優勝 阿部孝則プロ

 

 3位 桐谷泰行選手

 

 4位 岡澤和洋プロ

 RMU長崎をスタートして2年が経ちました。それも弊社社長の御理解と(株)
ウインドフラワーの御協力、今回東京より、長崎の麻雀の発展の為に来崎して頂
いたトッププロの皆様、そして現在会員として支えて頂いています長崎の麻雀フ
ァンの御蔭だと心より感謝しております。
「このようなタイトル戦が永く続けていけるように努力致しますのでこれからも
応援を宜しくお願いします」
2011年度、前期は5月8日日曜日よりワイルドキャッツ3Fで開催されます

RMU長崎 岡澤和洋

 優勝トロフィーとカップ

RMU長崎麻雀選手権「あじさい記念」 準決勝

4月3日日曜日、12:00、麻雀サロン「あじさい」で準決勝が開催されまし
た。
 1卓 阿部プロ、多井プロ、釜本プロ、平木選手

1卓、1回戦では親の多井隆晴プロが四暗刻をツモ、16000オール、ギャラリー(
ザワザワ)を喜ばせてくれました。
3回戦は抜きつ抜かれつのシーソーゲーム、南二局、釜本プロの6順目リーチに
ドラ③を強打し、アガリ切った阿部プロが決勝進出

 

 2卓 谷井プロ、桐谷選手、岡澤プロ、岩村プロ

2卓、1回戦は岩村義久プロがリーチをかい潜り2600オールをツモ幸先の良いス
タートに見えたが谷井茂文プロもまけじと4000オールツモ、
その直後、谷井プロがダブ東・中・ドラ1の親マンテンパイ、筆者はドラ③を重
ねリーチ、両者5順ツモ切りが続き6順目に私がアガリ、裏1で8000、そのまま
勢いに乗りトップ
2回戦、1戦目ラスの桐谷選手が巻き返しトップ、私は二着で当確決勝に進出し
ました。
3回戦東塲は決定打が出ず淡々と進み、迎えた南3局親の桐谷選手がハイテイで
ドラ九をツモ4000オールここで決着、決勝進出しました。 
 
 
 
 

 

 決勝戦

 多井隆晴プロ

 
多井隆晴プロ:「勝ち負けにこだわらず、自分流の麻雀を打つことで、良い麻雀
を伝えたいです」

   岡澤和洋プロ

岡澤和洋プロ:「ウエスタンカップ決勝から多井プロ、阿部プロと公式戦半荘6
回も打てるので、結果にこだわらず、楽しんで打ちます」 

  阿部孝則プロ

阿部孝則プロ:「決勝を楽しみたい。その為にも良い麻雀を打ちたいです」

   桐谷泰行選手

桐谷泰行選手:「ぶつかって行くだけです」

 以上4選手で3日16:00決勝戦が開始されました。

RMU長崎麻雀選手権「あじさい記念」 ベスト16

4月2日土曜日、ワイルドキャッツ3FでRMU長崎麻雀選手権「あじさい記念
」が開催されました。
前回紹介しましたRMUトップ5の到着で試合がスタート、A卓は多井隆晴プロ
が貫禄勝ち、二着は伊井克史プロ、予選を圧勝した熊崎薫選手を競り落としたB
リーグ優勝の桐谷泰行選手が勝ち上がりました。

 A卓1位 多井隆晴プロ

 

  A卓2位 桐谷泰行選手

B卓は大本命の河野高志プロにアクシデント、東・西・北と3フーロの岩村義久
プロに岡村清志選手が南を放銃、渾身の力を振り絞り逆転するも岩村プロが再逆

平木選手、岩村プロでゴール、河野高志プロはその事には触れず「一度は逆転し
、それを再逆転した岩村プロの勝利を讃えます」と素晴らしいコメントを残し、
名札を外しました。
 
 
 

 

 B卓1位 平木常正選手

 

 B卓2位 岩村義久プロ

 

C卓は筆者が早々に勝ち名乗り、堀江伸禎選手に寡黙な王者、阿部孝則プロが襲
い掛かる、二人のリーチ合戦で阿部プロが勝利し、辛くも翌日に駒を進めました

負けた山口選手は決勝戦の牌符をとる等、来期に意欲をみせてくれました。接戦
に敗れはしましたが堀江選手は「阿部孝則プロと接戦を演じる事が出来て満足で
す」とコメント、こう思われるプロになりたいですね!

 C卓1位 岡澤和洋プロ

 

 C卓2位 阿部孝則プロ

 

D卓はベスト16の目玉と位置付けていたオールプロ卓、ライセンスAの重戦車
=藤中慎一郎プロ・谷井茂文プロにライセンスBの今田裕一プロ、釜本健太プロ
が何処まで戦えるか興味津々です。筆者は隣の卓で対局中にて詳細は判らなかっ
たのですが谷井、釜本プロの点数申告の声が若干多かったような気がしました。
結果は谷井茂文プロ、釜本健太プロがベスト8進出でした。
藤中プロは仕事が多忙な中、RMUの事務局を預かり、長崎に来てくださいまし
た。
ありがとうございました。

 D卓1位 谷井茂文プロ

 

 D卓2位 釜本健太プロ

準決勝
1卓
多井隆晴プロ
平木常正選手
阿部孝則プロ
釜本健太プロ
2卓
岡澤和洋プロ
谷井茂文プロ
桐谷泰行選手
岩村義久プロ
 
 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

リンク