WILD CATS BLOG

6月23日(日)ちゃんぽんカップ開催!!

フリーやセットのお客様に最も馴染みのある

一発・ウラ・カンドラ・赤ドラありルール

の大会が開催されます!!

予選四回戦、ベスト8・決勝一回戦の

合計六回戦で行われる1DAY大会です♪

皆様のご参加、お待ちしております♪

長崎G-IIソルリアス 観戦記 最終章

南1局 ドラ:③  南家:岡澤  5巡目リーチ

三四五七八九③④⑥⑥345  ロン:⑤  8000点

放銃は岸部。岡澤の捨配は  西7発中中
生牌の中を手出し切ってのリーチなのでピンフ形だとわかる。

岸部も配牌で翻牌対子で岡澤のリーチの時点では

三四⑤⑦⑦68白白白  (北)  の一向聴

岡澤リーチを受けて、岸部の上家である竜王丸が岡澤捨牌の唯一の数牌であり
岸部のネックとなっている7を切る。
リーチの時点では高目の⑤はヤマにはなかったが
これを副露すれば岸部も聴牌となる為に押し出された形となった。
結果論に聞こえるかもしれないが、岸部もここは副露するか考えたと思う。
手牌の白暗刻が順子であれば白石の第一打が一であることからも勝負もあるかと思うが
(若しくは岸部のマチが岡澤の捨牌にある場合)
両面マチがほぼ想定出来ている以上、ドラまたぎの⑤ではなく

白を選択したほうが良かったのではないだろうか? でもここは難しいですね。

南2局 ドラ:⑧ 西家:岸部  ほぼムダ自摸無しで7巡目リーチ

一二三七七②③④⑥⑦⑧78  自摸:9 1300-2600

これで再び岡澤を逆転。

南3局は竜王丸が500オール。

終盤、岸部は入り方によってはフリテン、岡澤は形式聴牌と両名ともに手を進める。
BルールなのでAルールよりも聴牌、ノー聴の重みは更に増す為、

残り今後捨てるべき牌が比較的安全ならこうなる。

南3局 1本場 ドラ:六  南家:岸部

二三四七八九九①②③678  自摸:六  700-1300

竜王丸がチャンタ1500点の聴牌を入れていたが、岸部が高めのドラを自摸ってのアガリ。
これで岡澤と5200点の差。岸部はラス親なのでここでドラを自摸るのと安目の九を自摸るのでは
最終局の戦い方も変わってくるので大違い。

南2局では8000点放銃したものの、南2局、南3局1本場と優勝を予感させるアガリとなった。

南4局 ドラ:9 点棒状況より実質、最終局。

各自の持点が  岸部:36100  白石:32600  岡澤:30900  竜王丸:20400
優勝条件は岸部は流局、岡澤は1000-2000自摸か岸部から3200、その他からは6400。

竜王丸は4000-8000自摸か岸部から16000、その他からは32000。

岸部配牌  一二三七③1345南白発中中

順子が2つあって、翻牌の中が対子。なおかつ孤立している数牌が七、③と一見、かなりいい。
これが普通の状況いい配牌なのだが、
優勝目無しまたは優勝する為には高い点数が必要なものが出てくると
この中はそう簡単には出てこない。
出てくる可能性があるのは岡澤だけと、この状況ではリーチはかけたくないので

ピンフまたはタンヤオが狙える配牌が理想である。

実質、岸部は6巡目に  一二三七七①②③345中中  の聴牌をはたすが
10巡目からは岡澤の安全牌を確保しながらのオリを選択。

ここで南3局のドラ:六自摸が大きな意味を帯びてくる。

16巡目 岡澤が大長考。

四四五六七⑥⑦⑦⑧⑨679  自摸:⑤

6を切ってカン8マチとするか? 
9を切って5-8マチとするか? この場合は5のみが逆転。
全体河状況は5が二枚、8が一枚見えているということもあってか
残り1回の自摸、6切りリーチにかける。
この時点で5と8がそれぞれ一枚づつヤマに眠っていたが、岡澤の自摸スジにはなく
対面の岸部の最終自摸が8だった。
あと、一つズレていれば岡澤の優勝だったが、この1牌の後先が麻雀であり

またそれが面白味でもある。

優勝はライセンスB 岸部プロ。おめでとうございました。
今回、採譜しながら岸部プロの摸打を見ていたわけですが、あらためて牌譜を見てみると
牌理に裏付けされ厚く持たないといけないところは厚く持ち、

スリムにするところはスリムにすると、そこのメリハリが効いていた様に思う。

これまた余談だが最終決定戦全24局で流局があったのは1局のみ。
それは・・・  そう、第二戦の南4局のみでした。
そういう意味でも面白い対局だったと思います。

左奥:竜王丸  中央奥:岡澤プロ  右奥:白石プロ  手前:岸部プロ

最後に・・・
久々、観戦記みたいなものを書かせていただいた。
本来であればあっさり終わるつもりがここまで長くなったのには理由がある。
それは、4月にちょっとTwitterやってみようかなと思う時があり(結局はやめましたが)
その時、今期から新しく入会されたある方のTwitterをたまたま拝見させていただいた。
その中に、我々ライセンスプロのあじさい記念自戦記がワイルドキャッツHPに掲載され
それが面白く毎日アップしてくれたらいいな~とあった。
RMUに入会している、していないはさておき、
競技麻雀の面白さ、醍醐味を伝えていくのが我々、ライセンスを与えられた者の使命の一つでは? 
ということで観戦記を申し出、岡澤プロに快諾していただいた。
また機会があればいつか書かせていただこうと思う。
長文につきあっていただき、ありがとうございました。
文責:岩村義久プロ

6月7・8日 RMU代表 多井隆晴プロ 来店!!!!

来る!6月7日・8日

「最速最強」多井隆晴プロ ワイルドキャッツ2F、フリーへ襲来!!

 

 挑戦者求む!!!!

 

長崎最強リーグ 6/1~6/30 開催!!

もう間もなく5月も終わろうとしています。

5月の最強リーグは短期決戦でしたので、5月31日で終了となり6月からはまた新たに最強リーグが開始となります☆

 

梅雨の時期だからこそ室内で楽しく遊べる当店へお越しください♪

皆様のご来店心よりお待ちしております。

長崎G-IIソルリアス 観戦記 その3

トータルポイント  岸部:+34.0  岡澤:+29.5  竜王丸:+14.6  白石:△33.3

【2回戦】 並びは白石・岡澤・竜王丸・岸部

これだけのポイント差なので、白石は起親スタートで良かったのかもしれない。

とにかく、東場の親で連荘するしかない。

東1局 ドラ:一 東家:白石

配牌は普通だが七、7と自摸って   一三七八九②③④⑤⑤777  リーチ!!
同巡、竜王丸がドラ:一を切って追いかける。  一二三三四⑦⑧⑨23455  リーチ!!

決着はあっさり。白石が一発(Bルールだが)で二を自摸り2000点オール。

東1局 1本場 ドラ:四  東家:白石  9巡目リーチ

五五七八九②②③③④⑦⑧⑨  ロン:① 
結果的に岸部より2900点あがるわけだが
高めの④は岡澤が7巡目と8巡目に、岸部が8巡目が処理しておりリーチの時点では①が三枚残り。
13巡目に岸部、14巡目に竜王丸から追いかけリーチがかかり行方を見守っていると

上述の通り岸部の放銃。

興味深かったのは白石の配牌が  五五七②②③③③④⑦⑧59西  
最後のオヤのつもりで目一杯構えるなら、リャンカン受けも考えて打:西でも良さそうだが
白石の選択は打:9
ここはそれでもいとして、2巡目の自摸が⑨
白石以外の三人の第一打が⑨、2、1とごく普通の切り出しなのだが
五五七②②③③③④⑦⑧5西  自摸:⑨  打:5
こここそ、打:西でいいのではないだろうか?
ここで5を切るとこの後の索子は全て自摸切りとなってしまう。
結果論かもしれないが、ここで5を残していれば7巡目に②②③③④という形でリーチがうてた。
7巡目にリーチということは岡澤も岸部も④は切れなかったし、
竜王丸も8巡目に①は切れなかったと思う。

結果的に白石のアガリではあるが違和感を覚えた一局であった。

東1局 2本場 ドラ:3  北家:岸部

一一一⑦⑦88  (999)(東東東)  ロン:⑦
白石よりあがるわけだが、岸部のアガリまでの捨配を列挙すると以下
⑤③六西発九  ⑧⑧二北五7  5⑧中
索子の混一かと思いきや、14巡目岸部自身二枚切っている⑧を手出しで切る。
索子の上は安く安全牌で持っていたと思えなくもないが
それなら東家の現物の一枚切れである自風の北を持っていたほうが良さそうな気がする。
手が高くなる可能性もあるわけだし、岡澤、竜王丸ともに一色ではなさそうなので。

ならばこの⑧は何だ? と考えた時に手牌に絡んでいると思ってほぼ間違いないだろう。

一方、前局幸運なアガリをひろった白石の13巡目
四五八九九②③④⑨⑨456  自摸:1  打:九
岸部の12巡目の打:7で混一色かも?ということで1が打てずにまわる。
ここで1をおさえるというのもあるかと思うが、最後の親と考えれば
放銃覚悟で強引に打:1もあったかもしれない。
打:1としていれば、次巡自摸:六でリーチがうて、
白石の現物を五枚持っている岸辺は危険牌を掴めばおりていたかもしれない。
実際は危険牌はつかまなかったので結果は岸辺のアガリに変わりはないが。
ただ残念だったのは岸部の手出し⑧の後に白石がなんの躊躇いもなく
⑦を自摸切ってしまったこと。
ここは混一色はないと考えて、こここそ打:1で粘って欲しかった。
筒子の上が相当数切られているのでアガリはおろか聴牌も厳しかったとは思うが

ここで本来の力を発揮して欲しいと思った。

東3局 ドラ:⑨ 南家:岸部

八八②②③③④⑥⑥⑨⑨中中  自摸:④  2000-4000
配牌が  五八八②②③④⑥⑥⑨南中中  
第一自摸でドラ:⑨を重ね6巡目に自摸:③の以下の形で岸部の手が一瞬止まる。
八八②②③④⑥⑥⑨⑨中中中  自摸:③
しかし、ここは七対子の聴牌をとって、7巡目にあっさり自摸。

残すは南場のみ。

白石:35400  岡澤:26000  竜王丸:22000  岸部:36600

文責:岩村義久プロ

長崎G-IIソルリアス 観戦記 その2

まずお詫びですが
観戦記その1での東3局及び東3局1本場は実際は南3局及び南3局1本場の牌姿、場況でした。
訂正させていただきます。

東場終了時の各自の点棒状況  竜王丸:22600  岡澤:41000  白石:28500  岸部:27900

南1局 ドラ:八 東家:竜王丸 7を副露してのタンヤオドラ1の1000点オール自摸

西家:白石 12巡目  八②②③④⑤35799発発 
竜王丸から切られた二枚目の発をスルー。
これまでの白石であればここから副露してアガリ向かってもおかしくはないのだが、
岸部の8巡目東家の現物である三枚目の西手出しに反応したのかもしれない。
もし、白石が発を副露した時の打牌選択によっては東家へ2900点放銃する結果となっており

ここはいい判断だったと思う。

南1局 1本場 ドラ:1 北家:岸部

配牌対子のドラ1を1巡目の自摸で暗刻にして、リーチ後自摸の2000-4000
二二②③④⑦⑧⑨11178  自摸:9
岸部の捨配は4巡目に5が捨てられており、リーチ宣言牌が8ということは安全牌としてもっていない限り、
9はそれなりの確率でロン牌になるが(勿論、入り目になっている場合あり)

きっちり自摸ってのアガリとなった。

南2局は岡澤の1000点オール

南2局1本場(ドラ:中)は竜王丸が白石よりピンフの出アガリ。

白石3巡目の牌姿  三三五六⑦⑨1125678  自摸:⑨
全体の捨牌が  
岡澤:①発南  白石:西東  岸部:⑧西  竜王丸:西東
白石は三対子なので、どれか一つをほぐざないといけないのだが
何を切るのがいいのでしょうか? 
この時の選択次第では8巡目、竜王丸への放銃はなかったのですが。
 

南3局及び南3局1本場はその1で書いた通り。

南4局 ドラ:① 南家:竜王丸

二二①①②②③③⑦⑨456  自摸:⑧ 2000-4000
配牌の筒子の下が①①②③だったのだが、2巡目、3巡目に③②と自摸ってあっさり一盃口完成。
しかし、5巡目  二二七九①①②②③③⑦89  自摸:4  打:8
6を自摸った時のリャンカンの受けを完全に見逃している。
白石が最終的に索子の一色に手を進めたのだが、5巡目の時点ではそれは定かではなかったし
筒子の一盃口の部分以外はまだ十分形ではないので、
打:8ではなく、打:9とすべきではなかっただろうか?
また、白石はタンヤオでさばける配牌ではあったが、優勝する為にはどうしても二連勝が必要なうえ、
決定戦開始時の1位、2位であった岸部、竜王丸がこの半荘3着、4着だった為に
配牌7枚の索子から1巡目、3巡目に索子を自摸ったことで一色に向かう。
13巡目  2233356779 (8)  自摸:9  打:9(自摸切り)
現在、自分でポンしているカン8マチからシャンポンになる9を自摸るのだが
直前に竜王丸が二枚目の9を自摸切っており、今後の手変わりそして点数が高くなる可能性を残す
カン8マチを継続。
するとあっさり岸部より2が切られそれを副露して4-7での聴牌に変化。
流石にここはシャンポンにはとれなかったかと思うのだが、岸部、竜王丸の第1打が1、岡澤の第2打が1と
配牌時点では2を持ってないかもしれないので難しい判断だった様に思う。
2を切った岸部も配牌はアガリには程遠いが、このまま流局すると最終戦が岡澤と着順勝負となる為
五六六七七八⑥⑧246北北  自摸:8で打:2となっていた。
決定戦1回戦終了  岡澤:40400  白石:33100  岸部:26200  竜王丸:20300
トータルポイント  岸部:+34.0  岡澤:+29.5  竜王丸:+14.6  白石:△33.3 
残すはあと1戦、三つ巴となった。
余談だが、決定戦1戦目は全13局中、6局が筒子のドラで、①及び⑨で5局も占めていた。
 文責:岩村義久プロ

長崎G-IIソルリアス 観戦記 その1

 

こんにちは、RMUライセンスB 岩村義久です。

先日、麻雀サロンあじさいで行われました『長崎G-IIソルリアス』の観戦記です。

==================================================================================

今期から新たに創設された長崎G-IIソルリアス、栄えある決勝の優勝決定戦に進んだのは
岡澤プロ、岸部プロ、白石プロ、竜王丸選手。
左:岡澤プロ 右:竜王丸選手
左:白石プロ 右:岸部プロ
3名のライセンスプロに二回戦から登場し、準決勝では四暗刻ツモなどの快進撃で
ここまで勝ち上がってきた竜王丸選手が挑むという構図。
竜王丸選手は先日のリーグ戦第一節においてもオール連帯、R2首位ということで
今、最も勢いがあり注目する選手である。

尚且つ、RMU Twitterにも書き込みがあった通りイケメン(羨ましい)

決勝のシステムは決勝進出者5人による5回戦、1人足切り後のポイント持ち越しによる
決定戦2回によるトータルポイントにて優勝者を決する。
今回の観戦記は決定戦2回戦を前半、後半の2回にわけて
採譜者及び採譜責任者の立場から私自身の意見も交えて紹介する。
5回戦までのトータルポイントは
岸部プロ:+42.8 竜王丸選手:+39.3 岡澤プロ:+4.1 白石プロ:△41.4
ここでも好調を持続させている竜王丸選手、どこまで続く竜王丸劇場!

また白石プロは最終決定戦には進んだもののかなり厳しい状況。

【1回戦】 並びは竜王丸・岡澤・白石・岸部
東1局 ドラ:三
竜王丸、岸部の配牌がいい。
岡澤の配牌も索子の混一色が見える。 
二七②1126西西白白R中
第一ツモから4連続索子自摸で5巡目に白石より白をポン出来た後の6巡目も索子の自摸で聴牌
11123488西西  白(ポン)
聴牌直後に白石から8が出て5200点のアガリ。
白石からは8、西がいつでてもおかしくない牌姿になっているが、
東家の竜王丸が明らかに早く今にもリーチが宣言されてもおかしくない捨牌になっている。
白石は明らかにスピードで負けている、そう考えるなら、竜王丸の現物の8は
その時の対応の為に残しておくという選択肢もあったのでは?と思う。
仮に8ではなく七を選んでいれば岸部がすかさずチーテンをいれて
また違う展開になっていたかもしれない。

一見、一番目立たない捨牌になっていた岸部が実は3巡目には一向聴になっていた。

東2局 ドラ:6 東家:岡澤 6巡目
二三三四六①①②③④246
ここから二枚目の3をチーして、三色を確定させる打:三
すかさず7巡目にはドラの6を重ねて①と6のシャンポンマチ。
①はブラインドになっており、そのうちあがれるだろうと思っていたら

8巡目にあっさり①自摸の2000オール。

最終的にいい結果となったが、岡澤自身この3チーが気になっている様であり
後日、このチーがどうだったのか?率直な意見を求めるメールが私に送られてきた。
それほどこの状況での副露はしないし、私も見た記憶がないが
この時の心情または戦略については後日、教えていただけることとなっている。
私自身はこの牌姿、全体河状況からは副露はしないのだが、

後日の説明を楽しみにしている。

東2局 1本場 ドラ:北  岡澤、岸部の配牌がいい
東家:岡澤  二二四五六八八22456白白
西家:岸部  五八①②③⑤⑥⑦⑧⑨136
岡澤の第一打が八。二、八、2、白どれを切っても良さそうだが
ドラが北でなければ、白を切るという人も多いのでは?と思う。
岡澤は8巡目に二をポンして白片アガリの聴牌。
岸部も岡澤二ポンの直後に待望の④自摸で ①②③④⑤⑥⑦⑧⑨3346の聴牌。
10巡目に竜王丸の白放銃で岡澤のアガリとなるわけだが

白石、竜王丸ともに発を対子で北を一枚持つというなかなか波に乗れない状況が続く。

東2局 2本場 ドラ:⑨ 南家:白石
二三四六七七八八九④⑤33
16巡目に竜王丸より③でアガリとなるわけだが、12巡目に役なし聴牌を取れる牌姿を
我慢して聴牌とらず16巡目に聴牌してのアガリとなった。
12巡目ということもあり聴牌にとっても良さそうだが、リーチは自重すべきで
全体河を見ると竜王丸に捨牌が強く出ており、そういう意味でもリーチ宣言は得策だと思えず
実際、竜王丸は  四四五六七⑦⑧⑨23678  で聴牌していた。

ただ1が3枚枯れているということでリーチ宣言しなかった様である。

興味深かったのは白石の4巡目
三四七七八九九④⑤1133  自摸:二
白石の打牌選択は1、こう打ってしまうと六を自摸らない限り、
一枚切れの八とこの手は心中することとなり

そう考えると、345の三色の可能性も含めこの牌姿は3を切るほうが優秀の様に思える。

東3局 ドラ:⑨ 東家:白石 8巡目リーチ
七七八八九九⑥⑦55発発発
配牌は発が暗刻になっているぐらいで特に整っていないのだが
萬子の七七九に八、九、そして一枚切れで自分でも一枚使っている八を自摸ってリーチ宣言。

10巡目に⑧を自摸って4000オール。

東3局 1本場 ドラ:① 北家:岡澤 10巡目リーチ
七八九④⑤⑥⑦⑧⑨89東東
人によってはリーチのみの手順になってしまう人もいるが
岡澤はじっくり最終形を見据え、狙い通りとなりリーチ。
リーチまでの捨牌が 

九5中1三南  ⑧六1東(リーチ)

リーチを受けたあとの南家:岸部 12巡目
一一①①③③④466白白東  自摸:7
七対子ドラ2の一向聴で安全に行こうと思えば、現物の東切りだが
東家:白石の異様な捨牌ながらもリーチに東をあわせなかったということは
東はヤマにいると読んだと思われる。
であるなら、ここから踏み込むとすれば3が三枚切れということからも

打:7でなく打:4が理にかなっている。

しかし、岸部の4のスジを追って西家:竜王丸が直後に7で放銃する。
竜王丸は戦える牌姿ではないので、ここは2枚切れの中できっちりおり、
中のあとは岸部の現物でもある2(全体河は1が三枚、2が二枚、3が三枚切れている状況)で
凌いで欲しかった。

こういう不用意な放銃はプロリーグでは戦えないし、竜王丸の課題が垣間見えた1局であった。

また、東家:白石の配牌が整っており第一打に何を切るのか?
採譜しながらも非常に興味をもって見ていた。
二三四四①④⑤⑤⑥23566
ドラが①でなければ悩まないのだろうが、白石の選択は打:⑤
私は絶対に⑤は切らないので、私からすると⑤を切るのにはちょっと早いのでは?
と思った局でもあった。

この1局は全体的に文章を書く上では内容盛りだくさんで非常に面白かった。

東4局 ドラ:① 北家:白石
配牌は三元牌が白白発とあるだけで普通なのだが、1巡目:中、2巡目:発 自摸と
一気に手牌がまとまり3巡目に発、5巡目に白を副露し、ネックと思われた八をチー出来

7巡目には   三四四四  (八七九)(白)(発) で聴牌し、終盤二自摸の2000-4000

一方、7巡目に八をチーさせた岡澤の7巡目の牌姿
五五八九②③3455789  自摸:白 打:八
七は一枚切れ、白石の4巡目、5巡目の筒子リャンメンターツ落としから萬子の一色に向かったのは明らか。
アガリに向かうのであればこの八九のペンチャン落としは必然なのだが
萬子混一色の白石に副露されてもいいと思っての打:八だと思われる。
最低8000点が見える白石に誰も萬子を切って向かっていくことは出来ないはずで
そうすると岸部のオヤが流せる、白石自摸のアガリであれば白石、岸部の順位が入れ替わり

トータル4着の白石の着順が上になることは展開的にも岡澤にとってはいいという考えなのだろう。

冒頭では1回戦、2回戦を前半、後半2回に分けて観戦記を書くつもりでしたが
元々、文章を書くことが好きな私(文才は全くありません)
いつの間にか長くなり、倍の4回になりそうな感じです。。。
ダラダラとなってしまいますが、しばらくお付き合い下さい。

文責:岩村義久プロ

2013.RMU長崎リーグ 前期第一節

2013.RMU長崎リーグ 前期第一節
遂に真夏日襲来!

R3リーグ 昇級3
今期より新人5選手の加入で白熱した闘いが予想されます。
大林 千彩女流、島田 知佳女流、山口 克哉選手、田中 重好選手、岡村 康平選手
最強プロを目指して頑張って下さい!
左から大林女流、島田女流

左から山口選手、田中選手

岡村選手
長崎RMUリーグ 降級1
伊井 克史プロ、第一回ソルリアス敗退の鬱憤を晴らす!

伊井プロ
R1リーグ 昇級1.降級1
長崎RMUリーグ入りを目指す今田、廣田両プロに明暗!

左から今田プロ、廣田プロ
高知ねんりんピック出場を決めた平田 勝則選手は長崎県のエースとして活躍が期待されます!

平田選手

R2リーグ 昇級1.降級2
竜王丸選手がソルリアスに続き好調!昇級初戦の中村選手は力み過ぎ、今井選手の健闘が光りました!
「まる雀全国大会」出場を決定的にした平木 常正選手は荷造りに余念が無い!
左から竜王丸選手、中村選手

左から今井選手、平木選手

第二節は6月9日日曜日 ワイルドキャッツで多井 隆晴プロをお招きしてファクトリーを開催致します。
スキルアップ確実\(^o^)/
参加、見学自由です!

RMU 岡澤和洋

長崎最強リーグ3/1~5/6 ☆最終結果☆

長崎最強リーグ3/1~5/6

2ヶ月と数日の長き闘い終了しました。

今回の最強リーグ今まで以上、いや、今までで1番の盛り上がりだったのではないかと思います☆

熱戦・接戦・直接対決!見応え十分でした♪最終結果は以下の通りです。

 

皆様お疲れ様でした。入賞された方々、おめでとうございます!

また明日、7日からも最強リーグは行いますので、上位目指して頑張って下さい☆

 

次回の最強リーグは25日間の短期決戦となっております。

そして獲得P各部門別で違うのです!!!

今までとは少し違った最強リーグ、皆様お楽しみください。

スタッフ一同、ご来店 心よりお待ちしております。

 

 

あじさい記念決勝観戦記 後編

あじさい記念決勝観戦記 後編

3回戦 多井-岩村-西山-堀江

岩村は、この回トップを取ると、ほぼ優勝を手中に収める。

一方、多井、堀江は、この回の結果次第では、最終戦が消化試合となってしまう。

西山は、なんとしても岩村よりも上位で終えたいところ。各人そんな思惑を抱き、3回戦がスタートした。

 

1局 ここまであまり見せ場のなかった立親の多井が2巡目にリーチ。

二二三四四六七七⑨779南南 この配牌で六を重ね、9単騎に受ける。そして6巡目にツモ!

裏ドラが四で6000オール。ついに初代あじさい記念チャンピオン、3年連続ファイナリストの多井が来た。

 

3局 多井に手が入る。役牌2つを仕掛け

③④④⑤⑦⑧⑨ 発発発(ポン) 中中中(ポン) とりあえずの中膨れマンガンテンパイ。(ドラ四)

ここに⑦を引き③を切ってカン⑥に受け変え…。すると直後に岩村がノータイム④切り。

岩村の手を覗いてみると 三四五六七八⑤⑥⑦⑧⑧68 のテンパイ。

そして85が入れ替わったところで西山から7が出て3900

多井のツモがピンズでなければ、総合トップ目からのマンガン直撃だった。

 

4

また多井に軽い手が入る。

二三④⑤⑥⑥⑦⑧778北北(ドラ②)3巡目にこのイーシャンテン

しかし、先に牌が曲がったのは岩村。7巡目に一二三五六七①②③③④33 の形でリーチ。

多井もすぐに6を引き一は岩村の現物ながら追い掛けリーチと出る。

そして親の堀江から一が打たれ、裏ドラ乗らずの2000点。

 

1

多井 484

岩村 275

西山 217

堀江 234

 

多井はこの親番で更に点数を重ねたいところ。

岩村は逆に親を落としたい。そんな岩村が5巡目に動く。

三三三八八⑤⑤⑥⑦⑧ 657(チー) カン6をチーして1鳴きテンパイ。(ドラ八)

この時の西山の手牌は、①②③③⑥東東南西西発中8

ピンズに寄せているものの、3シャンテンとまだまだ遠い。

しかし岩村の鳴きで急速に手が進む。

中と発を重ね、中、西を立て続けにポンし、発をツモ。3000-6000

この局トップ目の多井の親は落とせたが、総合2着の西山とのポイントが大きく縮まる。

 

2

またも西山にピンズが寄る。白と⑦を仕掛け

①③⑤⑥⑥⑥⑦ 白白白(ポン) ⑦⑧⑨(チー) のテンパイ。

その時の多井 七八②②②⑦⑧⑨45678 

ここに6を持ってきて打②で3900

 

3

堀江が中を仕掛け、六を六七八でチーしてドラドラのテンパイ。

三三②③⑤⑤⑤ 六七八(チー) 中中中(ポン)(ドラ三)

しかし、またしても親の西山が岩村から1500点出和了り、ついに多井を逆転する。

 

31本場

堀江が起死回生のドラ暗刻リーチ!

六六六④⑤⑦⑧⑨456北北北(ドラ六)

しかし1人テンパイで流局。

 

4

多井 375

岩村 210

西山 381

堀江 224

(供託10

 

西山、多井にとっては岩村をラスにしてのトップ、に絶好の展開。

両者とも、とにかくこの並びのままトップを取りたいところ。

そんな思惑をよそに、岩村が親の第1打の発をポン。

供託1000点と2本場があるため、岩村は何を和了っても3着に浮上する。

そして岩村、4巡目の⑨もポンして卓内に一気に緊張感が走る。

岩村は6巡目に 二三567⑧⑧ ⑨⑨⑨(ポン)発発発(ポン)のテンパイ。

しかし多井も8巡目に追い付く。五をチーして次のテンパイ。

六七八⑤⑤66788 五三四(チー)

71枚切れ。一-四は6枚山に残っている。

ここで多井、一瞬間を置いて岩村が切った6をポンと出る。

下家の西山は7を合わせ、上家の堀江には⑤が流れる。やはり分が悪いか、と思ったが、すぐさま⑤をツモ。

とっさの判断で、敗戦濃厚な戦いを制す。

多井 +26.1

西山 +12.4

堀江 ▲13.8

岩村 ▲24.7

 

3回戦終了時の合計

西山 +28.0

岩村 +18.3

多井 ▲2.2

堀江 ▲44.1

 

一気に混戦模様となった。

 

 

4回戦 西山-多井-岩村-堀江

西山は、岩村よりも着順が上であれば、多井がトップでもかなり有利。

岩村は、トップを取るか、西山よりも着順が上に立ち、多井との得点勝負。

多井もトップを取れば、並びか得点次第では十分優勝が狙える。

ラス親の堀江は、7万点トップを目指して和了り続けるのみ。

 

2局 前局 500-1000を和了った岩村が8巡目にリーチ。

一二三四五六③④④⑤⑤11 でリーチ(ドラ7

これに、東とドラをトイツで持つ堀江から③が打たれ3900

 

3局 好調なスタートを切った岩村に手が入る。

4巡目にダブ東を重ね、さらにドラも暗刻としてリーチ。

三三三四五②③④678東東 (ドラ三)

万が一、東で和了り切ればほぼ優勝が決まる。

これに対し多井も黙ってはいない。

二二二五五五七七七⑤⑤99

瞬く間にツモスーテンパイし、岩村のリーチを受けリーチ。

この大会の最大のヤマ場

決着はあっけなく、そして意外な形で迎える。

堀江が西山からチートイのみの出和了り。どちらも1度もツモることなく終わる。

 

4局 西山が10巡目に

五六七①①①②③④456中 でリーチ(ドラ九)

しかし、親の堀江が冷静に西山の現物で1500点。

 

41本場 多井が 六八八③④⑤⑦48西白発発 の配牌から、ムダヅモなしで4巡目に

六七八③④⑤456西西発発でリーチ。(ドラ3

堀江が発を掴み2600点。

 

1

西山 264

多井 314

岩村 334

堀江 288

岩村が有利であるが、まだまだ分からない。

 

多井に好配牌が入る。第1ツモで次のイーシャンテン。

一一二三四七九789東発発

5巡目に八を入れるもテンパイ取らずで打一とし、一通とチャンタの天秤に。

しかし親の西山も早々に仕掛け、

三五⑤⑥⑦66 444(ポン)⑥⑤⑦(チー)のテンパイ。

多井、一通となれば放銃回避となるが、持ってきたのは⑨・・・。リーチ宣言牌で1500点。

 

11本場

堀江が 一一二三四五六七⑦⑧⑨34 でリーチ

その時、親の西山にも大物手が・・・。

二二三四四五五六六七八八九 とりあえずのカン七のテンパイ。三でも持ってこようものなら…と思っていたら、岩村がツモ。③④⑤⑥⑦⑧⑧444789 のダマテンで300-500+1000+300

 

2局 ドラ四

親の多井 五六②③④④④⑥⑦⑧北白白 から北を重ね、打五

そこに岩村から9巡目リーチ 四五六⑦⑧⑨2345789

リーチ宣言牌の北をポンし、岩村との一騎打ち。

-④は残っておらず、白は2枚ヤマ、2-52枚ヤマ・・・。

この戦いを制したのは多井。白をツモって2600オール。

トータルでも岩村との差がほとんどなくなった。

 

21本場

9巡目に堀江がリーチ 五六七八345678白白白(ドラ5

流局かと思ったが、西山が残り1巡でポン。ハイテイが堀江にまわり、八をツモって2000-4000+300

この和了りで堀江が岩村をかわし、この半荘2着に浮上。順位点の関係で総合トップが多井に変わる。

 

3

ようやく調子が上がってきた堀江からまたしてもリーチ 一二三三四五六六七八八88(ドラ⑦)

親の岩村も追いつき

五六七七八⑦⑦⑨⑨⑨456 でリーチ。

岩村はこれを和了ると、点数のみならず、この半荘の順位を2つ上げることができ、俄然有利な展開となる。

待ちはそれぞれヤマに1枚ずつ・・・。結果は流局。

 

31本場

西山が12巡目にリーチ 一一二二五五七七⑧⑧335 (ドラ2

これに堀江が追い掛けリーチ 22五六七②③④④⑤⑤⑥⑥

西山が1発で①を掴んで12000+1000+300

堀江はツモりたいところだったが、最後の親番に望みを繋いだ。西山はこれで優勝争いから脱落となった。

多井もトップが変わり、またしても追いかける立場に・・・。

 

4

この半荘

西山 78

多井 327

岩村 306

堀江 489

 

総合

岩村 +13.9

多井 +5.5

西山 ▲9.2

堀江 ▲10.2

 

多井は満貫ツモか12000出和了、又は岩村からの5200直撃

西山は岩村からの12000直撃

堀江は和了り続けるしかないが、時間制限のため、残りはこの局プラス1

そんな中、役牌が2つトイツの岩村が一手変わりで跳満となる手をテンパイし、僅かながら優勝の可能性があった西山から出和了り、岩村の優勝で幕を閉じた。

優勝 岩村義久プロ

準優勝 多井隆晴プロ

三位 堀江伸禎選手

四位 西山友二選手

 

 

左から多井プロ 堀江選手 西山選手 中央岩村プロ

 

決勝を振り返って、それぞれが持ち味を発揮し、最後まで4人に優勝の可能性がある大接戦となり本当に面白かった。

優勝した岩村プロ、本当におめでとうございました。

 

 文責:伊井克史プロ

カテゴリー

アーカイブ

リンク