WILD CATS BLOG

RMU長崎 GⅢイースタン 準決勝観戦記 その2

RMU長崎 GⅢイースタン 準決勝観戦記 その2

準決勝 南場

南1局は岸部から東家:竜王丸へ3900点放銃

南1局 1本場 ドラ:中 東家:竜王丸 11巡目以下で聴牌
①①①①②③④⑤⑥345中
ここでリーチをかけるかと思ったが竜王丸は宣言せず。
ここから多面張及びアガった時の点数的に中を切るに値するのは⑦⑧と自摸った時だけ。
ということであれば、リーチをかけもいい様に思えるが
ここまでトータルトップ、準決勝もここまで2着に4700点差のトップということで
押し返されたことを考えてリーチ宣言しなかったと思われる。
しかし、結果的にリーチ宣言しなかったことで岸部に副露してのタンヤオ300-500でさばかれる。
この局に関して言えば、リーチ宣言しておけば白石以外誰も向かってこれなかったと思うが

白石は入り方によっては中で放銃することになる。

南2局 ドラ:⑨ 南家:伊井 8巡目以下でリーチ
三四④⑤⑥⑦⑦123678
捨牌が白発中と全て手出しで切られており、手牌進行が早そうだというのは一目瞭然。
案の定、8巡目 白発中九一八南⑤の捨牌でリーチ。
同巡 北家:竜王丸もカン六をツモり以下で聴牌
二三四五六七③④⑨⑨456
伊井の現物なのでダマで押していくが、二で放銃。
三枚連続での無スジでの放銃であるが、これは仕方ない様に思える。

この放銃でも竜王丸のトップに変わりはないが、ラスまでに2200点差という拮抗した展開になった。

南3局 ドラ:④ 東家:伊井 11巡目以下で聴牌
七七②④234  (666) (324)
しかし、14巡目 明らかに筒子一色の白石から手出し⑨
副露はヲタ風の西だけなのだが、16巡目に自摸った⑥が打てずにオリ。
聴牌を継続する為には巡目的にも②か⑥を打つしかなかったが
現状、ラス目の東家ではあるものの拮抗した展開もあり勝負を南4局へ持ち越すことを選択した。
ところがこの選択がファインプレーで聴牌を継続する打:②、⑥の
どちらも白石の1000-2000になっていたと思われる。

結局、この局は全員ノーテン。

南4局 1本場 ドラ:二
この局は東家:白石が東をポンしての500オールを自摸るのだが
南家:竜王丸の配牌が  一一⑤⑦⑨59東南西北発中   の9種10牌。
第一自摸が5ということで、国士を見つつの打:⑤か? と思ったが
竜王丸は打:9
第二自摸以降が  6六五七746  と、あの配牌が8巡目に以下で聴牌
一一五六七⑤⑦455667
3巡目以降は白石の東の副露がなければ本来、白石の自摸ではあるものの

配牌と自摸のマッチングが凄かった。

南4局 2本場 ドラ:①
現状トップは白石だがトータルポイントでは白石の決勝進出は厳しい。
ということで、岸部、伊井はなんとしてでも竜王丸をまくって決勝を戦いたい。
が、10巡目 竜王丸から以下でリーチ。あがることが出来れば1着で終える。
三三四五六④⑤⑥⑥⑦678
岸部も以下で追いつく
二二①②③南南西西西  (六四五)
リーチの時点で竜王丸のアガリ牌である⑤⑧はヤマにそれぞれ一枚の計二枚だったが
16巡目に⑧自摸。
裏ドラ指示牌にはもう一枚のアガリ牌である⑤がそこにあった。
最後の一枚を力強く引き寄せ驚愕の3000-6000自摸と、優勝へ向け万全かと思わせる内容だった。
文責:岩村義久プロ

RMU長崎 GⅢイースタン 準決勝観戦記 その1

今年のGⅢイースタンはこれまでの8人による準決勝、決勝ではなく
予選通過者8人、シード者8人の合計16人による予選3回戦後、4人が足切り
その後1戦ごとに4人が敗退という麻将連合μの本戦大会に似ているサバイバルシステム。
ということで今年の大会には多井プロ、去年の覇者 深津女流、
そして麻将連合μの城島プロ、藤原プロというこれまでとはまた一味違った豪華な顔ぶれとなった。
城島プロ、藤原プロが乗る飛行機が1時間以上遅れるというハプニングはあったものの
無事にスタート。
私はソルリアスに続きあっさり足切りということで

またもや観戦記の指名をいただくこととなった。

準決勝はA卓(奇数順位):竜王丸選手、伊井プロ、岸部プロ、白石プロ

B卓(偶数順位):多々羅選手、城島プロ、今田プロ、釜本選手

既にこの時点で優勝候補の多井プロ、岡澤プロ、藤原プロが敗退という波乱を思わせる展開となった。
準決勝は奇数順位卓のA卓について観戦記を書いていく。
並びは竜王丸(85.4)伊井(51.7)岸部(33.1)白石(3.6)

左から伊井プロ、岸部プロ、竜王丸選手、白石プロ

東1局 ドラ:中 東家:竜王丸
2巡目に孤立牌の9、5巡目に8を自摸切っているにもかかわらず、5巡目に北家:白石が
八を七九でチーするのを見た直後の6巡目
二六八八④⑤⑥24東白中中  自摸:8  打:二
白石が萬子の一色に向かった判断するやいなや、孤立牌である二を切って
8を手牌に残す。
萬子の両嵌よりも索子の両嵌受けを残したわけだが、11巡目
六八八④④⑤⑥2478中中  自摸:五  打:④
筒子は絶聴なわけだが、筒子は1面子に確定させる打:④
なかなか将来的に絶聴になる筒子をはらって、振聴の索子塔子は残せないが
6-9がヤマに残っているという判断でこれが次巡あっさりと9自摸。
ヤマ読みがぴったりとはまった瞬間だった。
ただ問題は白石がほぼ一色形で一、二と手出しで切って
更に七も手出しで切っており、ほぼ聴牌は間違いないだろうというところで
自摸:9の一向聴になり白石に一枚使われている八の対子落としが
白、混一色の3900点の放銃。
岸部、伊井が索子を一枚を切っていないこと、トータルポイント首位ということを考えれば

一旦、打:2で良かったんではないだろうか?

東2局 ドラ:二 北家:竜王丸  9巡目
四五六②③④55578中中
12巡目には7が二枚、8が三枚と順子形で3切ってのリーチなら
この時点でダブルワンチャンスとなり絶聴。
南家:伊井もリーチに無スジを連打して聴牌
⑤⑤⑥⑦⑧中中  (北北北)(東東東)
聴牌直後、自摸:⑧で筒子の両面マチなら伊井の目からはここが本命ということで
生牌の中を切ってまわる(実際はこの中も危なかったわけだが・・・)
なかなかこの⑧は押せないかもしれないが、竜王丸の第一打が⑨なんで
⑧を勝負する人もいるのでは?とも思う。
しかし自摸:⑧で一向聴戻したあとの自摸が無情にもアガリ牌であった⑤
竜王丸の最終形を見てどう思ったか。
また放銃した白石もダブルワンチャンスで仕方ないが(前述した通り、3切りの順子形という前提で)
二三四六八八八⑥⑦4567  自摸:⑦  打:⑦
一、8と既に切っており振聴が残る可能性が高い中で竜王丸の捨牌のリーチに対し
この⑦切りはかなり強烈だった。
これがフラットな状況であれば白石も⑦は切らないと思うが、
追う立場に置かれている心理状態がこうさせているのかもしれない。
しかし、それでも次巡、自摸:五は振聴受けが残る打:7ではなく
ドラではあるが現物の打:二として欲しかった。
そこで勝負に出るなら最終的には以下の様な感じで聴牌していたと思う。

三四五八八八⑥⑦34566

東3局 ドラ:白 東家:伊井
一一二五六六七八⑦⑨5東南白
ここから第一打は何を切りますか?
第一打に字牌を切らない人、萬子の一色形を見る人は⑨ぐらいになりそうだが
伊井の選択は南。
勿論、伊井も一色形は見ていると思うが、東家だしリーチで先手を取りたいという思いからか
南としたわけだが、ここも無情にも三枚連続で南を並べることになる。
その後、萬子に寄せきって以下で聴牌
二二五六六七八  (八六七)(一一一)
しかし聴牌打牌の白が岸部への3900点放銃。
北家:岸部
一二三⑥⑦⑧678白  (発発発)  ロン:白
たらればであるが、伊井が第一打に南を選ばなかったら6巡目に以下で聴牌
一一二二五六六七七八南南南
捨牌が  ⑨⑦5北東白   とこんな感じになっていると思われる。
伊井の一ポンは岸部からということで7巡目
一二三④⑥⑧678白  (発発発)  自摸:一
岸部も伊井の捨牌的に不穏な空気は感じていると思うが、ここからドラの白を切っただろうか?

この一牌の後先が麻雀の難しさ、面白さだと改めて感じた。

東4局 ドラ:6 南家:竜王丸
三四五①②②③③88北北北  自摸:①
途中、順子形に行くのか?対子形に行くのか?フラフラしながらも
リーチして高め自摸の1000-2000
3900点放銃からスタートした竜王丸であったが、東場終了時にはプラスに転じており

好調さを伺えた。続く

文責 :岩村義久プロ

9月29日 青雀旗杯争奪 長崎予選開催!!

毎年大阪で開催されている

青雀旗杯争奪

全国大学対抗麻雀選手権大会

今年もワイルドキャッツ3Fにて 予選が行われます!!

予選を勝ち抜いた2名は 10/14(月祝)

大阪で開催される全国大会への出場となります!!

まだまだ参加者募集中です♪

参加希望・ご質問等がございましたら、ワイルドキャッツまでよろしくお願いします♪

2013年度前期 RMU長崎リーグ戦 最終節

連続の台風接近でフライトが危ぶまれる中、講師にRMU代表 多井隆晴プロをお招きして最終節が開催されました!

R1リーグ
今田プロとの一騎打ちを制したのは「燻し銀」平田 勝則選手!
終始、後手を踏みながらも粘り強く、今田プロの緩手を突き再逆転に成功、見事優勝に輝きました。
10月に開催されます高知「よさこいねんりんピック」の長崎県代表として活躍が期待されます!
平田選手
R2リーグ
今井誠二選手と竜王丸選手
相撲の遠藤を凌ぐスピード出世を果たしたのは今井選手
九分九厘優勝と思われたGⅢイースタンを逃した竜王丸選手は精彩を欠き、またもや準優勝!
今井選手
R3リーグ
第4節で四暗刻をツモった酒井啓太選手がすんなりゴール
激しい昇級争いは追いすがる道下、岡村選手を交わした準優勝の島田知佳女流と釜本健太選手でした!
酒井選手
長崎RMUリーグ
優勝は序盤の貯金を活かし連覇達成の岸部智彦プロ
2013前期2.07、公式戦三勝の成績でクライマックスリーグ出場へ大きく前進しました。
岸部プロ
前期は全リーグ第4節で首位に立った選手が逃げ切り勝ちしました。


後期第一節は10月26日のRMUクラウンを経て11月10日に多井隆晴プロをお招きして開幕致します。
競技麻雀に興味がありプロのライセンスを取得したい方はワイルドキャッツスタッフまでお申し付け下さい!

RMU岡澤和洋

2013年度前期長崎リーグ最終結果

多井隆晴プロ、深津海帆女流 ゲスト対局

9/6・9/8 RMU多井隆晴プロ、深津海帆女流に来ていただきました!!

多井プロには一日、深津女流には二日間ゲスト対局をして頂きました!

対局風景↓↓↓↓

三日間、大会にゲスト対局にファクトリー、多井さん深津さん本当にお疲れ様でした。おかげさまでとても盛り上がりました。

またぜひ、長崎へ、ワイルドキャッツへお越し下さい!

次回の来崎を長崎の麻雀ファンも、我々スタッフ一同も心待ちにしています。ありがとうございました。

GⅢイースタン選手紹介

激戦を勝ち抜いた八選手

道下理恵子女流
チョンボしないように頑張ります。
白石晃一プロ
足切りにならないよう、最後まで打ち続けたいです。
今田裕一プロ
運営を免れてホッとしました!
渡辺このみ女流
大舞台で緊張しないように頑張ります。
廣田大輔プロ
優勝します!
多々羅勝利選手
精一杯、自分の麻雀を打ちます!
釜本健太選手
久々の大舞台、気合を入れて頑張ります。
竜王丸選手

多井さんより上の順位を目指します!

RMU長崎GⅢイースタン決勝は麻将連合の城島清貴プロ、藤原健プロ
RMU多井隆晴プロ、深津海帆プロが参戦
昨年は深津プロ優勝、二位川端女流のワンツーで幕を閉じました!
今回も女流三名が台風の目になると思われます。
長崎は女性が強いのか男性が弱いのか⁉
9月7日土曜日、ワイルドキャッツ3F 観戦自由です。
応援宜しくお願いします!
RMU岡澤和洋

GⅢイースタン選手紹介

麻将連合認定プロ

藤原健

第5期将星(2011年)

ミューカップ2勝

体は小さいけど、マージャンはデッカく!

超アナログ、昭和の香り漂うマージャンを御堪能あれ!!

GⅢイースタン選手紹介

麻将連合認定プロ

城島清貴

「μカップ福岡(2008年)

第6期将星(2012年)含め公式戦3勝

出版本の通り、「読みと受け」を主体としたスタイルです。

結果より過程。何か1つでも、皆さんの印象に残るものを置いていきたいと思っています」

GⅢイースタン ベスト16 選手紹介

GⅢイースタン ベスト16 選手紹介

第三回「あじさい記念」優勝

岩村義久プロ
いつもは採譜責任者ですが、採譜される側になれる様、道のりは厳しいですが可能性がある限り最後まで諦めずに頑張ります。

第一回 GⅡ「ソルリアス」優勝

岸部智彦プロ
今期のRMU長崎の公式戦3連勝と波に乗れてますので、この勢いで4連勝といきたいです!!

第四回「GⅢウエスタン」優勝

伊井克史プロ
1番長く打てるように頑張ります!あわよくば今期初タイトルを!

2013 GⅢイースタン 選手紹介

2013 GⅢイースタン 選手紹介
多井隆晴プロ

第一回「あじさい記念」優勝をはじめ、決勝進出率九割以上を誇る!
多井隆晴プロ
「今回は麻将連合の城島選手と藤原選手も参加とのことなので、いつもより燃えています!
いつも、RMU長崎のプロに勝ってほしいと言っていますが、今回はちょっと違います。
最低でも決勝進出して、麻将連合の選手にも決勝に残ってもらい、良い牌譜を残したいですね。」

深津海帆プロ

前年度覇者、初タイトルの思い出の大会!
深津海帆プロ
「優勝から一年。多井さんを連れまわした軍艦島クルーズから一年。
楽しみに待っていました!
連覇したら、今回は池島クルーズに付き合っていただきます!
1、2、3、バンガロー!!」

カテゴリー

アーカイブ

リンク