WILD CATS BLOG

長崎最強リーグ10月結果

長崎最強リーグ10月が終了しました!!

今月は2人の方が大活躍でしたね!

打数・トップ部門では岡村様、順位・連対率・防御率部門では林田様!

岡村様は多い時で一日に4回もご来店していただきました☆本当に麻雀がお好きですね♪

林田様は先月に続き、2か月連続受賞!!しかも三冠達成の素晴らしい成績でした!!おめでとうございます!

受賞された方々、ご来店していただいた皆様、本当にありがとうございました!

10/28(月)高知ねんりんピック2013 健康麻雀大会 3位入賞!!

10月28日

【ねんりんピック よさこい高知2013 健康麻雀交流大会】が行われました!

個人戦部門では、ワイルドキャッツ 2Fフリーの常連様でもある

平田勝則選手が第三位入賞!!

おめでとうございます♪

10/31(木)臨時休業~店内大清掃のお知らせ~

RMU長崎 GⅢイースタン 決勝観戦記 その2

東場が終わった時点での各自の点棒(カッコ内は総合ポイント)
伊井 41900(+57.9)
竜王丸 31800(+109.5)
多々羅 34000(+81.4)
城島 12300(+30.3)

南1局 ドラ:二 東家:伊井は前に出るのみ
しかし、1巡目 多々羅の捨牌が横に曲がる。
八八⑥⑥⑧⑧3358東東北  自摸:5  打:8
リーチを受けた北家:城島
四五六六①④④⑦⑨89北白  自摸:6  打:白
正直、驚いた。まだ親番は残っているし、ここはきっちりおりるものと思っていたが
現物の8ではなく生牌の白を切る。
2巡目の多々羅の自摸が9、城島の自摸が②、ここも現物の9ではなく北を切って6400点の放銃。
後ろの観戦者も何故現物を切らないのか?と思ったのではないだろうか?
私が思うに、あとがない東家:伊井の第一打が6、ここは真っ直ぐくることはわかっているので
その時の為に残した安全牌候補ではないだろうか?
勿論、伊井の進行状況はわからないが、索子の上はないと判断し(索子の上が危険となるケースも勿論ある)
89を手の内に抱えたんではないだろうか?
後々、伊井の追いかけリーチに窮しない為に攻めではなく守りに比重を置いた打牌選択だと思われる。
ただ、結果は放銃。
もし仮に城島が第一打に白ではなく現物の8を切った場合、
南家:竜王丸
七八①③④⑤247北白発発  自摸:③
現物がない為、北か対子の発のどちらかに手をかけるはずで、
それなりに整っていることからも北で放銃した可能性は十分にある。
とにかくこれで伊井の優勝はなくなったと言っていいだろう。

南2局は城島が③四枚使いの②-⑤マチでリーチかけるも、
多々羅が役無しドラ:七、カンチャンマチ自摸の500-1000
ついに多々羅がこの半荘1着になり、総合ポイントも竜王丸まで7.7ポイント差と

逆転優勝が現実味を帯びてくる。

南3局 ドラ:東 南家:城島  この8000点を竜王丸からアガる。
23445689南南白白白
またも城島の一色への寄せ。
放銃した竜王丸だが  二三七八九④⑤⑥77899
普通にトップを目指している伊井の西ポンによって流れてきた牌が一で
それにより待望の聴牌。さて何を切るか?
唯一出アガリがきくのが打:7、しかし残り1巡である。
全体河に索子の関連牌である、4を城島が一枚、5を伊井と竜王丸がそれぞれ一枚
6と7を伊井が一枚づつ、9を多々羅が一枚という状況である。
ここは7のワンチャンスで自分から三枚見えの9を切ったほうが良かったのではないだろうか?
出アガリがきくというだけの心のスキが生んだ放銃の様に思えた。

さ~これで多々羅が0.3ポイント上になった、残すは南4局のみ。

南4局 ドラ:④ 東家:城島 15巡目
一三五六七八八九③④⑤北北  自摸:七  打:一(リーチ)
西家:竜王丸 11巡目
三四四六八③③⑥⑧5566
7をチーして伊井が1、2巡目に⑦を切っていることもあり⑥⑧のカンチャンターツをはらい
16巡目 ついに聴牌する
二三四四六八③③56  自摸:七  打:四
しかし、裏ドラ六で7700点の放銃となってしまった。
城島の河に捨てられている萬子はリーチ宣言牌の一のみで全体捨牌も萬子は高くなっている。
一がリーチ宣言牌で四がロン牌になるパターンを考える。
いくつかあるが例えば、
ⅰ) 一三五のリャンカン形
ⅱ) 一三五五とカン二で聴牌しているところから五自摸での三四マチ、
ⅲ) 一三四五五六から他のターツが面子になった場合、
ⅳ) 一二二五六や一三三五六と他の対子で二や三又は他の対子が暗刻になった場合、等々
いづれにせよ、今回みたいに萬子が高く、リーチ宣言牌一枚しか萬子を切っていない場合などは
通常より四の危険性もアップするのではないだろうか?
しかし、竜王丸の気持ちもよくわかる。
ここをアガリきれれば、なおかつマチ牌がリーチ者の現物になっている等を考えれば

勝負に出てもおかしくはない。

南4局 1本場は配牌で孤立していた白を一巡目に重ね、あっさり副露出来た後は
伊井からロン牌が出て多々羅の優勝で幕が閉じた。

多々羅 勝利、競技麻雀を誰よりも愛する男に最後の最後、勝利の女神が微笑んだ瞬間だった。

プレゼンター:深津 海帆女流  優勝者:多々羅 勝利選手

左から 城嶋プロ、竜王丸選手、多々羅選手、伊井プロ

多々羅さん優勝おめでとうございます。

第18回 青雀旗杯争奪 全国大会出場者決定!!

青雀旗杯争奪

全国大学対抗麻雀選手権大会

長崎予選が9月29日(日) ワイルドキャッツ3Fで行われました!!

激戦を勝ち抜いたのは大谷侃矢さん!! 増柴諒さんでした!!

おめでとうございます♪

プレゼンター:鶴店長  右:大谷 侃矢さん

右:増柴 諒さん

お二人は10月14日(祝)に大阪で開催される全国大会へ出場となります!!

全国チャンピオン目指して頑張ってください♪

RMU長崎 GⅢイースタン 決勝観戦記 その1

例年よりも更に豪華な顔ぶれとなったRMU長崎GⅢイースタンの栄えある決勝進出者は

ポイント上位より(カッコ内は準決勝までの総合ポイント)

竜王丸選手(+112.7)
現在最も勢いのある選手の1人であり若手では実力No1と言っても過言ではない。
リーグ戦においてもR1昇格を視界にとらえており、公式戦悲願の初タイトル獲得に向けて盤石か。
しかし、気になるのはGⅡソルリアスの時と似た様な展開。。。
多々羅選手(+72.4)
競技歴も長く福岡県在住であるが、麻将連合μの公式戦へよく参加されており、
近年はRMU長崎の公式戦にも参加していただいている。まさに“東へ西へ”だ。
城島プロ(+63.0)
言わずと知れた麻将連合のプロ。
私自身はこの夏三度(雀ケン最強戦、博多山笠杯、今大会)も対戦させていただきいい経験となった。
並びは意識しないといけないが優勝も十分狙える位置につけている。
伊井プロ(+31.0)
RMU長崎プロの最後の砦となった。
ポイント的に優勝は厳しいが優勝の可能性がなくなっても普通に1着を狙いにくると思われる。

並びは、伊井-竜王丸-多々羅-城島 (右奥から)

東1局 ドラ:7 東家:伊井  8巡目
二三四五六②③④⑨⑨236  自摸:1
ここで聴牌の伊井の手が止まる。。。
三色の可能性を考えリーチするかどうかで止まっている様だが
三色になる為には①または4を自摸っても三面張のマチで高目安目があるので
Aルールで東家ということを考えれば平和だけではあるがリーチというのが
マジョリティではないだろうか。
結局はリーチ宣言するのだが同巡 北家:城島
配牌が  一四五七九⑦58東北北白中  から萬子に寄せきり
一一四五五七七八九九東北北  自摸:八  で聴牌。
四か東か?難しい判断ではあるが、打:四で一発放銃。

伊井の聴牌形を見てリーチ宣言までに間があったのを意外に思ったかもしれない。

東1局 1本場は伊井と多々羅の聴牌

東1局 2本場 ドラ:⑥  南家:竜王丸

④⑤⑥⑦⑦11223356  ロン:4
マチ牌である4-7は全体河に三枚出ているだけだが、城島が萬子一色及び東家 伊井の捨牌、
そしてトータルポイント首位ということからダマを選択。

西家:多々羅 14巡目

三三六八②③④⑦⑧⑨446
聴牌している竜王丸からドラ:⑥が捨てられるとチー。
⑨は切ることが出来ない為、場に一枚切れの4で放銃となるわけだが
竜王丸がドラ⑥を切るということは出上がりがきくヤミ聴が入っていると考えていいのではないだろうか?
多々羅としてはアガる為の仕掛けではあるが、下家 城島が萬子の一色に寄せているとはいえ
竜王丸の現物である六、八を切っていいのではと思う。
決勝のこの1戦、城島は放銃とノー聴で22700点となっておりこの局、城島がアガることより
竜王丸にアガられることのほうが展開的に厳しいのでは?
仮に城島に副露されて手出しで萬子が切られた後に竜王丸が萬子を掴んだら
竜王丸はほぼオリを選択するだろう。
北家:城島 最終的には以下となっていた
二二四四四五五七北北北発発

一方、東家:伊井  14巡目 カン8を自摸って聴牌

四五①②③22456789
全体河には六が二枚出ているだけだが聴牌した巡目及び城島が萬子の一色に向かっているせいかリーチせず。
伊井がもし優勝を考えているなら東場のオヤでひたすら連荘するしかなく
巡目、状況は関係なくリーチすべきではないだろうか?
たらればであるが、14巡目ということは。。。
聴牌している竜王丸がドラ⑥を自摸切った巡目。
伊井がリーチしていればいくら聴牌しているとはいえ、竜王丸が無スジのドラを切ることもなく
多々羅が副露することこともなかったのでまた違う展開になっていた。

東2局 1本場 ドラ:七 南家:多々羅

二三四③④⑤⑧⑧33445
自摸:五で三色確定、自摸:②で三色確定ではないが安目でも一盃口となる為
手変わりを待ってダマ。結局、5を自摸って1300-2600となるわけだが
この形でAルールならリーチをかけて竜王丸にプレッシャーをかけ
自摸ってオヤっかぶりさせたいと思うのだが、普段、麻将連合の競技会に参加している
多々羅らしい選択だと思う。
東家:竜王丸 配牌が
一三六七八八九②②⑦⑨566  第一打が6
この瞬間はロスが少ない打牌選択かもしれないが、7自摸ったら痛すぎる。
残りがカン張だらけの愚形が残ることを考えればこの6は早くないだろうか?
結果はあっさり3巡目に7自摸。結果論の一言で片付けていいだろうか?

東3局 南家:城島 ドラ:四 5巡目リーチ

二三四八八九九九11234
14巡目 西家:伊井が途中、間4ケンの⑤も切って追いつきリーチ
四五六七七七八九12356
裏ドラはのらなかったが3900点のアガリ。
途中八が出ていきそうな形になりそうだったが、自摸がかみあって放銃回避。

東4局 南家:伊井 ドラ:七  伊井の配牌が凄い。

七八⑤⑥⑦235789南南  2巡目にあっさり4自摸ってリーチ。

東家:城島  配牌が以下

一五八九九①②478発発中中
伊井のリーチを受けても無スジを切り飛ばしていく。
最終的に索子の一色形に寄せていくわけだが、絶好の5を自摸ったところで
対子だった九を切り放銃。
東場だけで城島の一色を何回見ただろう?
一発裏ドラがない自団体のルールのなかで二翻役というのを意識しており

それがここでも出てきているのではないだろうか?

東場が終わった。
準決勝まで卓内4位だった伊井がトップ、竜王丸は3着とはいえ多々羅とは2200点差の3位。
展開的にもいい、竜王丸がこのまま逃げ切り戴冠となるのか?
残すは南場のみ。
文責:岩村義久プロ

長崎最強リーグ9月~結果~&10月最強リーグ開催!

長崎最強リーグ9月が終了しました★

まだまだ残暑の厳しい9月でしたが

外の熱気以上の熱さが、キャッツ2Fフリー卓上を包んでいました!!

では、9月 長崎最強リーグの結果です♪

↓  ↓  ↓  ↓

【打数】  【TOP回数】

廣田プロ!!2冠達成おめでとうございます♪

2位岡村様 3位秋吉様 その差4半荘の大激戦でした!!

【順位率】【連対率】

驚異の平均順位2.12を叩き出したのは秋山様!!

2冠達成おめでとうございます♪

【防御率】

防御率0.98!! 重厚な攻めでトップをもぎ取る 林田純一様!!

おめでとうございます♪

そして、、、

10月度 長崎最強リーグ開催!!

なんと今回は・・・

ポイント総額20%増!!!

打数部門ではなんと10位の方まで表彰対象となっております♪

皆様のご来店、心よりお待ちしております♪

カテゴリー

アーカイブ

リンク